真空バルブ,真空の3種の神器

真空バルブ

真空バルブとは?どういう意味ですか?

これもあまり聞き馴染みのない単語だと思いますので、簡単に説明しますと、バルブは弁です。
液体や気体の配管などで、その流れを制御するものの総称です。
制御させるものは、方向・圧力・流量です。
つまり、チャンバーという小部屋から内部の大気をポンプで移動させる際に制御を行うものがバルブです。

真空装置ではチャンバーにバルブを取り付けることによって、大気と真空チャンバー内の空間を、遮断したり開放したりしています。ガス栓のようなものを想像してもらえればいいかと思います。形状によっても分類されますが、真空度や材料などの使用用途によって使い分けされます。また、チャンバーとポンプを繋ぐ部分でもあり、当然バルブにも真空用素材が使用されます。

アルバックの真空バルブは、真空分野での豊富な技術・経験をもとに開発されました。
L型バルブからゲートバルブ、大気圧から超高真空まで、あらゆる領域・条件・用途向けの真空バルブをラインナップしています。